婦人

たるみがあると太って見られる?顎をスッキリさせる秘伝の技

代表的な治療方法

顔を触るウーマン

脂肪の減少が原因

人間の顔の脂肪というのは、加齢とともに減少していきます。一般的には加齢とともに顔に脂肪がついてたるみが出てくると思われていますが、実際にはそうではありません。脂肪にはさまざまな役割がありますが、その1つに皮膚を押し上げてハリを生み出すことが挙げられます。脂肪が少なくなるとハリを失って皮膚がたるんできます。これがたるみのメカニズムであり、顎、目元、頬のあたりに顕著に見られる現象です。もちろん、太っている人はその脂肪を筋肉が支えることができずにたるみとなって表れてくることもあります。こうした原因で生じる顎のたるみを治療するにはさまざまな方法がありますが、ここでは主に3つの方法を紹介していきます。1つはサーミスムースという治療方法です。これまで確実に改善するにはメスによる切開手術が行われるのが一般的でしたが、アメリカの美容機器であるサーミRFの登場によって、それまでとは異なる施術方法ができるようになりました。これがサーミスムースです。まず専用のジェルを患部に塗布していきます。それから高周波の熱を気になる部位にのみ照射を行なっていきます。このときの高周波の熱は43度から45度程度です。この高周波の熱によって皮膚が刺激されて皮膚の真皮層にあるコラーゲンが生成されるようになります。そうして肌密度が高まって肌にハリが出るようになっていきます。顎のたるみを引き締めて改善したい人におすすめの治療法です。この施術のメリットは傷跡が残らないこと、ダウンタイムがほとんどないこと、痛みが感じられないことが挙げられます。多くの人が施術を受けるときに心配されるのが痛みですが、サーミスムースは患部が温かくなるだけなので、何の心配もいりません。念のため、温度が高くなりすぎないように施術中は皮膚表面の温度をモニターで確認しています。火傷なども起こりません。顎のたるみを治療する方法にはもう1つあります。横波超音波を使ったレーザー治療です。この横波超音波というのは脂肪細胞だけに反応して破壊しますので、他の皮膚組織が傷つくことはありません。つまり、神経や血管などを傷つけずに顎の余分な脂肪だけを取り除いてくれます。この施術法も切らないたるみ治療です。痛みも感じられませんし、ダウンタイムもないという効果も持っています。3つ目は糸によるリフトアップです。これは糸を顔に挿入してたるみを解消するという施術方法です。使用する糸は特殊なもので、体内に吸収される成分で構成されています。そのため、安全性が高いレベルで確保されているので、安心して施術を受けられます。そのメカニズムとしては、まず糸を肌に入れると創傷治癒効果で糸の周りに美容成分であるコラーゲンが形成されます。それが徐々に活性化されていくことで表情のリフトアップにつながります。糸が体内に吸収された後もその効果は持続されます。フェイスラインがはっきりとするようにもなりますし、仕上がり具合はとても自然な状態になります。ちなみに、挿入する糸を増やせば増やすほど効果が高くなりますが、費用はその分だけ高くなります。顎のたるみを改善するには美容整形がおすすめですが、その種類はさまざまです。上記の3種類が代表的なものなので、顎のたるみを解消したい人や施術に興味がある人は、是非参考にしてみてください。

Copyright © 2017 たるみがあると太って見られる?顎をスッキリさせる秘伝の技 All Rights Reserved.